不自然事故及び介護職員による虐待について

介護経営コンサルタントの松長根です。

最近Sアミーユの事故(事件?)が連日報道されています。
個人的に、飛び降りについては事件・事故の両方の可能性があるかと思いますが、介護事業者から見ると事件だと思っています。
飛び降り以上にショッキングだったのが、入居者への虐待です。
Sアミーユを運営しているのは有料老人ホーム最大手のメッセージです。
業界ナンバーワンの施設運営会社での虐待は介護業界全体の問題まで発展する可能性があります。
家族が隠し撮りした虐待映像が公開されましたが、正直ひどすぎます。
一番問題なのは決して特異な一人の介護職員が起こした虐待ではないということです。
複数の人間が同じようなことをしていることです。
この施設自体がこのようなことを平気でする施設だということです。
となると法人の管理体制そのものが今後問題になり、他の施設で起こったことも今後出てくると思います。
映像のような虐待は論外なので、徹底的に調べ、処分をしてほしいと思いますが、この報道により介護事業者のイメージがまた損なわれてしまいました。
介護事業の場合、なぜかその特定の事業所や法人ではなく「介護している人」という大きなくくりで見られてしまうことがある気がします。
真面目に誠心誠意ケアをしているところが多いですが、「介護事業所」というだけでこのような事件があるとイメージが悪くなってしまいます。
ますます介護で働く人が減ることが一番の懸念材料です。
これから行政や介護事業者は人材確保について実効性のある議論をしていかなければ介護保険事業が根底から覆ることになりかねません。
私としては介護という仕事、素晴らしさ、大変さ、自己成長などを積極的に発信していきたいと思います。

デイサービス実地指導対策の決定版!

帳票作成システム帳速
Copyright 2018 北斗パートナーズ株式会社